2012年11月24日

敷金交渉をうまく進めることができるのでしょうか?

では、一体どうすれば、敷金交渉をうまく進めることができるのでしょうか?
なぜ、ほとんど借主の人は、敷金を希望額通り取り戻すことができないのでしょうか?

答えは簡単。敷金交渉で管理会社の展開する論旨を論破できていないからです。

そうです。多くの人が、管理会社から『No』といわれてもそれに反論する材料を充分に
持ち合わせていないのです。

だから、無駄な交渉のやりとりに明け暮れ、わずかなリターンしか手にすることができないのです。
では、一体どうすれば、その反論する材料を充分手にすることができるのでしょうか?
posted by 敷金 at 21:24 | 岡山 ☁ | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。