2012年10月16日

賃借人の原状回復義務との関係

賃借人の原状回復義務との関係

国土交通省の『原状回復をめぐるガイドライン』では賃借人に通常損耗等の修繕負担の義務を課す特約がなく]、入居者の故意、または不注意や過失による毀損、汚損等でなければ(通常損耗ならば)、入居者は修繕の負担義務(原状回復義務)はないという考え方を示している。これはこれまでの各種判決などを総合してつくられたガイドラインであり、現在はこれを基礎に敷金精算を行うこととされている。

賃借人に修繕負担の義務が無いとされる通常損耗の例

畳の変色、フローリングの色落ち(日照、建物構造欠陥による雨漏りなどで発生したもの。しかし雨漏りの場合、賃借人が賃貸人への通知義務を怠っていた場合は除く)。
通常による家具設置による床、カーペットのへこみ、設置跡(契約書などでへこみ、跡がつかないように板などを置くように特約をしている場合等を除く)。
posted by 敷金 at 22:02 | 賃借人の原状回復義務との関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月14日

敷金(しききん)とは

敷金(しききん)とは

敷金(しききん)は、法律用語で、不動産の賃貸借の際、
賃料その他賃貸借契約上の債務を担保する目的で賃借人が
賃貸人に交付する停止条件付返還債務を伴う金銭である。


賃貸借契約が終了する場合には、賃借人に債務不履行がなければ明け渡し時に返還され、本来預り金的性格を有する一時金である。ただし、近畿地方以西の西日本では権利金(礼金)の性質を持ち、一部(多くは賃料の1ヶ月分)が返還されないことが多い。

これを敷引と呼ぶ。敷引等は「権利金」「礼金」と同様の「賃料の前払的性格」を有するものである
posted by 敷金 at 07:00 | 敷金(しききん)とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月13日

空室対策で高利回り

空室対策で高利回り
不動産投資家養成プログラム The大家さんマーケティング 2ndインパクト





不動産投資における空室対策の決定版が ついに登場!


元不動産管理会社マネージャーの必殺技が スライド合計242ページ、 合計9時間13分にわたる解説動画 であなたに完全公開されました! 繁忙期に、閑散期に、 無期限無制限のメール、スカイプ相談で お役立て下さい!

空室対策で高利回り
世界標準の骨を使った直線運動上達法 ゴルフ上達法革命
posted by 敷金 at 05:03 | 空室対策で高利回り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。